おすすめ車買取・車査定サイト

カーセンサー.net
中古車物件の掲載台数が全国完全網羅で25万台以上。 中古車買取一括査定も全国の買取店が参画。 たった3分程度の入力作業で完了。 カーセンサーにしか掲載していない買取店もあるから、 一番高く買い取ってくれるお店が探しやすい!
中間マージンをお客様の買取り価格に還元!!
ローンが残っていても売れる!
カービュー事故車査定
事故車の廃車処分の前に査定! 『事故をして、修理をするにもお金がかかる、廃車にするにもお金がかかる。』 そんな時、複数の事故車買取会社に一括買取査定依頼をしてみてください。
事故車にも事故車を専門に買い取りしている査定会社があるのです。 無料で出張査定に伺いますのでお気軽にご利用いただけるサービスです。
廃車らぶ
廃車らぶなら、廃車、事故車、故障車、不動車の無料引取り
動かなくても売れる!見積りから査定まで全て無料

大人気の廃車らぶの無料査定はこちらから

車査定webで一括査定がお得な理由

ポイント.1 まずは愛車を査定してみましょう。

自分が大切に乗っている愛車を売るなら絶対高い値段をつけてくれる業者がいいですよね?
もし、付き合いのあるディーラーに下取りに出したりする予定でも、交渉材料として自分の愛車がどれくらいの金額で売れるのか知っておいて損は無いです。
なにも知らないで業者の言いなりになってしまったらもしかしたら愛車が買い叩かれるかもしれませんから。
中古車無料査定サイトで査定額を出しておけば、最低でもこの金額で売りたい!と決めておけるので交渉するに当たっても気持ちも楽ですよね。

また、たとえば10年近く乗って、もう値段が付くことはないだろう、むしろ引き取り料がかかるかもしれない、と思っている車でも、車種や車の状態によってはお値段が付く場合もありますので、お試しでもいいので無料査定してみることをおススメします。
面倒な手続きも代行してもらえるというメリットも大きいですからね。

ポイント.2 最高の買取額を知るにはなるべく多くの中古車無料査定サイトで査定することが大事。

ここでご紹介している中古車無料査定サイトで必要項目を入力するだけですぐに概算価格が出てきます。
その際に一つの中古車無料査定サイトだけで全ての買い取り業者を網羅しているわけではありませんので、少し面倒ですがなるべく多くの中古車無料査定サイト査定してみることをおススメします。
中には50万円も査定額があがったという報告もきておりますので手間を惜しまず査定してみてはいかがでしょうか。

ポイント.3 実際に査定に出すにあたって。

自動車検査証と身分証明書は必須ですが、その他にも車の整備に関する書類は取っておくようにしましょう。
特に保証書、整備手帳、分解整備記録簿は車検証にはさんでおくなどして大切に保管しておいてください。
エンジンやボディ、足回りなど機械関係がしっかりと点検、メンテナンスされていれば車の寿命も延びますので、査定の際にも高い値段がつきやすいです。
取扱説明書も同様に次のオーナーさんが安心して乗れるようにするためにも残してあげるようにしましょう。

実際に車を査定に出す際には、洗車したり、車内の掃除をしておくのも効果的です。
査定マンも人間ですから、大切に乗っていたことをアピールすることで査定額も上がりやすくなりますのでできるだけ見た目を良くしましょう。
車を売る時も必ず洗車(ワックス)をし、掃除機掛けや、窓ガラスやマット、シフト周りを綺麗にし査定をしてもらうことがさて査定額を上げてもらうことにもつながります。

ポイント.4 実際の手順

オンライン無料査定で申し込む(この時点で概算の査定金額が出る場合もあります)
     ↓
数十分から1時間ほどで電話がかかってくる。
簡単な質問に答える
・乗換えか手放しか
・用途(通勤用か週末だけの利用か等)
・排気量(3ナンバーか5ナンバーかでわかる)
・車検の残り期間
・純正オプションの有無(エアロパーツやアルミホイール、ナビやオーディオ等)
・2輪駆動か4輪駆動か(基本的に2輪くどうですが、オプションで4輪駆動にしている人も居る)
通話時間は早ければ5分ほどです。
     ↓
査定金額が出る
     ↓
納得のいく金額であれば出張査定で担当者に来てもらうか、店舗に持ち込んでください。
その際に愛車のアピールポイントや売却時期について要望を伝えるようにしましょう。
実際に愛車を見てもらって提示された買取価格に納得いけば売却してください。
その際に必要な書類と愛車を預けて、手続きは完了です。
買い取り代金はお客様の指定した銀行口座に振り込んでもらえます。
後日、名義変更または抹消登録が完了したことのお知らせが郵送で届きます。
【中古車売却に必要な書類等】
(1)実印
(2)印鑑証明3通(1通の場合あり)
※府県によって必要部数が異なります。詳しくは店舗に確認してください。
(3)自動車検査証
(4)自賠責保険証
(5)自動車税の納税証明書(直近のもの)
(6)リサイクル券(預託済みの場合)
(7)整備手帳・取扱説明書(その他、保証書など)
(8)住民票(移転の場合)

【その他署名押印が必要な書類】
(1)譲渡証明書
(2)自賠責保険承認証明書
(3)委任状 など

ガリバーで車を買い取りしてもらいました。

先日、初めてガリバーで車を買い取りしてもらいました。

逆輸入車で、愛着があった我が家の車ですが、予想していたより高額になって家族みんなで驚きました。

我が家は、犬を3匹飼っているので、その動物の匂いがあまりしないように、事前に夫婦で車を掃除し、同じ市内にあるガリバーの店舗に行きました。

行く前には、事前に担当のかたから、丁寧な連絡が入っていたので、店舗に行くのは楽しかったです。

店舗に着くと、早速担当のかたが待っていました。

飲み物を出して頂いて、子供も喜んでいました。

ここで、簡単に車輌の状態などを紙に記入しました。

あまり何枚もある神ではなかったので、時間はあまりかからなかったです。

5分程だったでしょう。

子供も連れて行ったため、あまり長い時間だと、子供が退屈してくるだろうと思っていました。

子供のために、ゲームを持って行って退屈になったらさせる予定でおりましたが、予想より査定にかかった時間は短かったので、ゲームをする時間はあまりなかったくらいでした。

30分前後の時間が経過した頃、名前を呼ばれて行ってみると、査定の金額が提示されていました。

我が家では、その金額より30万程は、低めに予想をしていたので、夫婦で驚きました。

査定価格は、100万円以上でした。

30万円も予想と違っていたので、とても嬉しかったです。

また、何時間もかかって退屈だろうと思っていた査定している最中の時間も、思ったより全然短く、それもお店の店員さんも笑顔で対応していたからか、苦痛にはならなかったので、すごく有難かったです。

同僚から、車の買取は面倒で時間はかかる、と聞いていたのですが、全く違っていました。

最初だけは、電話がかかってくるまで不安はありましたが、今では子供はテレビでガリバーのCMを観るたびに、また行きたいね、などと話しています。

以前は、車の買取は、もっと面倒で手間がかかるイメージだったのが、今では全然違うイメージに変わりました。

是非、また次の機会にも行ってみたいです。

車の売却にはネットサイトが便利で良い

トヨタのミニバン・ワンボックスのタウンエース・ノアを暫くの間乗っていたが、さすがのソロソロ買え時だと思い、休日などを利用して中古車センターなどで様子を伺っていました。

幸い、同系列のアルファードの車が数台置いてあるのを見つけて交渉に臨んだ。

序に、乗り換えの車を見てもらい下取り価格を聞いたところ、「10年近い年数と10万キロを超えたら殆ど値は付きません、引き取り料は無料にします」と言われました。

次に 、当方の近所にある”どんな車でも高く買います”とか、”安心、高価格、買取専門店”等とうたった全国チェーンの業者へ持ち込んだら、何れも価格、値は若干でも付くらしいが、なかなか金額は言わないし、売却希望額を言わせて○○円以下の場合は即買取、それ以上の場合は車の欠点をあれこれ言っては、価格の引き下げを図るのです。

勿論、車の買取専門業者に限らず、買い取りの基本は「いかに安く買って、いかに高く売る」ですから、業者としてはいくら看板を張っていても少しでも安く車を買い取ろうとするのが当たり前だとは思うが、それにしても、こちらがじれったくなるほどの、あの手この手で交渉を行って来ます。 われわれ知識のないド素人では、プロの交渉相手にとても叶わないし太刀打ちはできそうもありません。

つまり、車を高く売るためには、何と言っても下取りではなく、又、ロードサイドで店を構えている中古車販売店や買取業者などに急いで愛車を持ち込んでも、実際には、どうやら高値で売る事は難しいかもしれません。

それでは、どうやったら愛車を少しでもより高く売却することだできるか、次に気がついたのがネットサイトの取引でした。

いろいろと調べてみると、利点としては複数の買取業者で売却する車の見積もりを行い、それを同時に業者間で競争を起こす事が可能なのです。

車買取一括査定というインターネットを利用したサービスがあるようなので、このサービスを利用する事が、案外、車を高く売るコツであり、良い方法かも知れないのです。

小生の場合、自動車関連情報サイトをYahooのインターネットサイトで見てみると「カービュー」という案内サイトがあったので、試しに申し込んでみたのです。

ネットサイトの車買取一括査定の欄に、いろいろと車の実情や小生の個人情報を記入申し込んだ後、自宅に帰って気がついたら一括査定の業者から複数連絡があり、最高値の業者の提示価格は何と10万円以上の値がついたのです。しかも、当初のロード店業者の場合と比較して、倍以上の価格差が付いたのです。

この業者は隣町の業者なので土曜日の休日に持ち込んでみました。 すると「年数は経っているけど、比較的程度のいい車ですね」言ってくれました。 勿論、喜んで買ってもらいました。

高価売却成功記

私は2年前にアルファロメオGTVを売る際に、まずガリバーのネット査定を利用してみました。

サイトの入力画面にメーカー名、車種、グレード、年式、走行距離、氏名、電話番号、都道府県を入力しスタートボタンをクリックすると後程、査定額を電話で連絡しますというような画面が出てきて、その通り暫くしてから電話が来て査定額を知らされたのですが、余りの査定の低さに愕然としました。

どうもアルファロメオGTVのようなマニアックな車の価値が分からないようで10年落ち、多走行車というだけで他の普通の車と同じように付加価値を全く付けずに査定をしてしまうのです。

謳い文句では10年落ちの車も高価買取なんて言ってますけど全く当てになりません。

そこでアルファロメオを扱っている専門店に電話で問い合わせてみた所、ガリバーの査定額の3倍の値を付けてくれました。

そして現車を見て正確な査定をしますと言って実際に自宅に査定に来てくれました。

私の所有していたGTVは全塗装を売る3年くらい前に施してあり目立つ凹みもなく車庫保管だったので外装が非常に綺麗な状態で程度が良く社外のアルミホイールやエアロパーツでドレスアップしてあったので、査定に来てくれた人は私の車を一目見るなり「電話でお伝えしたより査定アップ出来そうです。

」と言ってくれて外装を入念にチェックした後、車に乗り込みエンジンを掛けて吹かしてみて

「良い音してますねえ、マフラー替えてますか?」

「ええ替えてます。」

「エンジンも調子良さそうですねえ。」

「ええ」

「機関の不具合とかはないですか?」

「ええ特に無いです。」

「修復歴は無いですか?」

「無いです。」

というようなやり取りをした後、内装やエンジンルームも入念にチェックし現車を見る前の電話交渉よりプラスアルファした値を付けてくれました。

しかし「もう一軒当たってから決めます。」

と言って即答は避けGTVを買ったディーラーに「件の専門店はこれだけ付けてくれたけど」と競合させたところ今までの縁もあるしということでさらに高値を付けてくれたので其処で売ることに決めました。